経絡マッサージ

経絡マッサージとは全身の気の流れをスムーズにすることを目的とした施術です。
当店のマッサージは経絡の流れにそって行います。

疲れ・こり・痛さの原因である経絡上の毛細血管のつまり(毒素等の有害成分が混ざり滞留した血液)を主に肘を使いもみくだき流していきます。

最終的に腎臓を通り、膀胱からそれら有害成分を体外へ排出します。
そして血管には新鮮で栄養素たっぷりな血液が流れこみ自然治癒力が回復し、本来の元気で健康な体を取戻すことが出来ます。

未病とは病気と言うほどではないけれど、病気に著しく近い身体または心の状態を言います。
なんとなく、身体がだるい、肩がこってしかたがない、冷え性でこまっているなど、こんな人は経絡マッサージを受けていただくことにより、未病を予防することができるのです。

 

画像の説明

300×265IMG_2424

        

60分   ¥2,980(税込¥3,220)

90分   ¥4,470(税込¥4,830)

120分  ¥5,960(税込¥6,440)


経絡とは?

経絡とは中医学(東洋医学)の概念の1つである「気・血」の流れる通路のことを言い、体を上下(頭から足)に流れる経脈と網目のように枝分かれしている絡脈をまとめて呼んだものであり、これらは全身の臓腑を循環しすべて繋がっています。

経絡は体の奥深い部分から、表皮に近い浅い部分まで、さまざまな所を通っています。表皮の近くを通る経絡上には、ところどころにツボ(経穴)が存在しこのツボを刺激すると経絡に伝わり、気の流れ、血の流れが良くなります。さらに気や血の流れはその先にある臓腑に伝わります。

体に異変が起きるとその変化が経絡を伝わっていき、全身に広がると考えられています。
例えば、臓腑に異変が起こると経絡を通して臓腑とつながっている体の表面に異常が伝わります。

逆に、体の表面に現れる変化に注意していれば、そことつながっている臓腑の変調を推測することができます。
この経絡の流れ、循環に滞りのない状態が健康と言われています。

血流が悪化すると不必要な老廃物、二酸化炭素を体外に排出することができず、 身体の中にとどまり、だるい・体が重いといった疲労の原因となります。

また身体が必要とする全ての栄養素と酸素が正しく運搬されず、 エネルギーが不足おこります。

経絡マッサージは経絡の流れに沿って施術し、痛さ・疲れの原因である血管の血流の滞り(つまり)を解消していくマッサージです。

この経絡は生きる上で必要なエネルギーである気と血(けつ)を全身に運ぶ流れであり、内臓や目・鼻などの機関を結びつける線でもあります。

また経絡はツボ(経穴)を結んだ流れでもあり、器官や体内に異常が発生するとこのツボを介して不調を知らせ、施術する場合の判断ポイントとなります。

経絡上のツボは内臓機能などと深い結びつきがあり、経絡マッサージを行うと体表だけではなく内臓機能の働きにも効果があります。ツボを刺激することで局所的な作用だけでなく、隣り合う部分や全身に対する効果も期待できます。