爪もみ

爪の生え際を刺激するとさまざまな健康効果が得られます。
血流改善や自律神経調整の効果が期待できます。
指先は心臓を中心にすると身体の末端にあり、毛細血管が密集しています。先に行けば行くほどそれだけ血液の流れが悪くなりがちです。
指先が冷たい人は血行が悪くさまざまな不快な症状が出てくることが多いのです。爪の生え際を刺激するだけで毛細血管の血流の改善を促すことができます。
爪の生え際部分をもう一方の手の人差し指と親指で挟み10秒間刺激し、強さの目安は気持ちの良い痛さがある程度です。
それを薬指を除いた4本で行うと副交感神経が活性化されさまざまな症状を改善に導くのです。左右両方の手の指で行います。
薬指は興奮や緊張をつかさどる交感神経なので除きます。

コメント


認証コード5942

コメントは管理者の承認後に表示されます。