血管の不用物を出して生き生き生活を送ろう♪

疲れ・こり・痛さの原因である血流の滞り(東洋医学で言うお血)、
このお血が最も多くたまっている場所は、頸椎の第1から第7骨、肩甲骨の周辺、肩甲骨と胸椎の間、腰椎の両側、骨盤の内側と両脇下と言われています。
これら体表のなかで最もお血がたまりやすいのは背中の毛細血管と細胞の間です。
よく肩がこるという言い方をしますが、肩こりがある人は肩から首周辺、頚椎のあたりに特にお血がたまっていると考えられます。
同じように腰痛のある人は腰椎と骨盤の周辺にお血がたまっています。
お血がたまっている個所を放置しているとしこりのようになり、痛みがでできます。
これら体内の不要物は外に出さなければなりません。
これにはカッピング(吸い玉)やかっさが最適です。
なかなか眠れない、眠りが浅い人も是非お試しください。
昔から漢方の生薬として使用され、血行促進作用があるといわれる紅花を、当店で独自にブレンドした紅花オイル併用のスライドカッピングが、お客様から一番良い反応を得ています。

s_IMG_4400 (2)

画像の説明

画像の説明

画像の説明

コメント


認証コード4221

コメントは管理者の承認後に表示されます。