やせるための免疫食生活

肥満のほとんどは、消費エネルギーより摂取エネルギーが増えて体内に体脂肪が蓄積されてなります。
活動量より多く食べなければ太らないのですが、ついつい多めに食べてしまう、何故でしょう。
食べると副交感神経が働きリラックスするからです。

肥満の解消には
○冷たい食べ物をやめて温かい物を中心の食生活
冷たい食べ物で体温が下がる生活を続けると筋肉が細くなり、その周りを脂肪が包むので基礎代謝を下げ太りやすい体質をつくることにもなります。
にんにくやショウガなど身体を温める食品を料理に使いましょう。

○食欲のコントロールを乱す糖質や脂肪の取りすぎに注意をし、食物繊維が豊富なキノコ類、満腹感もあるかぼちゃやキャベツなどの野菜類、ミネラルが豊富な海藻類、便通を促進する玄米が良いとされています。

○活動量としての運動はラジオ体操や軽いストレッチでも十分です。適度な運動は交感神経が優位になり、食欲のコントロールに働きます。

○ストレスを減らし精神の安定も大切です。

血流が悪化すると代謝が低下し、太る原因にもなります。
当店ではむくみや冷えの原因でもある血流改善に、体内の有害成分をカップに吸い上げるカッピングを進めています。

画像の説明

コメント


認証コード9316

コメントは管理者の承認後に表示されます。