血液を汚さない、血液の汚れが細胞の劣化を招く

毎日の食べ物が血液の状態を左右します。
何らかの有害物質が含まれる食べ物を食べると、それにより血液は不健康な状態になります。

そういった有害な異物をよく食べている人の血液を顕微鏡で見ると、健康な人の血液にはない異物が混ざっているそうです。
有害な異物とは例えば農薬や食品添加物などの化学物質です。
全て排出されないで残っているのです。

いったん血液が汚れでしまうと細胞が正常に機能できなくなります。
細胞がきちんと機能しないと身体に何らかの不具合が現れたり、病気になります。

つまり汚れた血液のよる細胞の機能不全が体調不良や病気の原因です。
血液が汚れると血行不良になり、自律神経のバランスが崩れ不眠症の原因になります。

人類は昔から血液を汚さない食べ物を好んで食べ、汚れた場合はヒルやカッピングで血液の汚れを改善してきました。

コメント


認証コード8538

コメントは管理者の承認後に表示されます。